里山とやまピザ

ヤマザキの森で今年完成したピザ窯は、300℃を超す温度でピザを焼くことができる手作り窯です。
先ずは土台づくり。なんでも土台が大事なことは言うまでもありませんが、時間をかけて土台をつくりました。
次は周りに熱を漏らさぬように、セメントの左官作業です。
はじめての体験、みんなで塗ります。
真っ白だったレンガも、火を入れたら真っ黒になりました。
温度をみながら、試行錯誤の試運転です。
ピザを生地から手作り。美味しいピザを汗だくで焼いてくれた釜番のKさん。森で食べるご馳走ピザランチとなりました。

よしみ里山 プロジェクト

子どもたちの未来につなぐ森づくり

0コメント

  • 1000 / 1000